FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波動(引き寄せ)の法則

2012.02.08.22:52

● “思考”は物質を動かす

“思考”には、現実的にモノを動かす力があります。

 例えば、機械を使って何度もサイコロを投げるとします。
 その時、人が「6が出ろ!」とサイコロに向かって念じると、明らかに6の出る確率が高まるという実験結果があります。
 また、ランダムに数字を発生させる乱数発生器にも、同じように人が念じることで特定の数字が出る確率が上がるという実験結果もあります(参考文献 量子の宇宙でからみあう心たち)

 マイナス思考が、実際に人体の免疫を弱め(過剰にし)、アレルギーや癌などになりやすくなることは、すでに医学的にも常識になっています。
 思考は目には見えないため、普段は軽視されがちですが、上記のように実際に物質を動かす強い力があるのです。

 ではなぜ思考にそのような力があるでしょうか?



● 物質は波動でできている

すべての物質は原子からできています。
原子の中にはさらに“電子”があります。

電子は、1個2個と数えられる“粒”の姿と、実体のないユラユラした“波動”の姿、
2つの姿をとることができます
           粒と波動
ワケがわかりませんか?
そんな変な物質は現実的に想像しがたいですが、電子にはそのような性質があるのだということを、まずは頭に入れておいてください。

ヒトやモノなどの“物質”は、電子が集まってできたものですよね。
ということは物質も、1個2個と数えられる“物”としての側面だけでなく、“波動”の側面もあるわけです。
           粒と波動2

ところで人がモノを考えることを“思考”と言いますが、“思考”を物理学に解釈すると、ただの“電気信号”というになります。
電気信号は、一種の“波動”です。
つまり「思考=波動」ということが言えます。

つまり思考も物質も、本質的には同じ“波動”であるいえるのです。
だから、思考は物質に対して直接的に影響をおよぼすことができるのですね。
           スプーン曲げ





● 人の意識が物質をつくる

ここから、分子より小さい物質を“量子”とさせていただきます。

量子には、
“人が観測していないときは波動になる”
“人が観測しているときは粒になる”
という奇妙な性質があります(観測問題
          だるまさん1

          だるまさん2

「そんなだるまさん転んだみたいなことがあるわけないじゃないか!」
と思われるかもしれませんが、現在の物理学では、この“だるまさん転んだ現象”は当たり前のことになっています。

人が観測していないとき、量子は“波動”になっています。
ボヤヤ~ンとしているので、量子がいったいどこにいるのか、まだ決められません(不確定性原理)
どこにいるのかは“確率”で決まるとされています(確率解釈)
Aにいるのか、Bにいるのか、Cにいるのかは決まっていません(重ね合わせの状態)
    不確定性原理

しかし、ここで人間が量子を観測したとします。
すると、とたんに量子は“粒”になって、A・B・Cのどこか一点に収束します(波の収縮)
ここで初めて「量子くん、君はAにいる!」と断定することができます
    波の収縮
 
にわかに信じがたい現象ですが、物理学的にはそういうことになっています。

※上の説明は、量子力学における初期の考えかたです(コペンハーゲン解釈といいいます)
 今はもっと洗練された、新しい解釈が提案されています。
 それはまた後ほど書かせていただきたいと思います。



● 引き寄せの法則

未来のことは何一つ決まっていません。
どの未来にも起こる可能性があります。

先ほどのサイコロの実験ですが、
サイコロをふるまでは、まだどの目が出るかわかりません。
量子論的には「どの目にも16%づつ可能性がある」と考えられます。

しかしここで「6よ出ろ!」とサイコロに向かって念じたとします。
すると不思議なことに、6の出る確率が高まってしまうのです。


例えば、Aさんには明日のテストで0点を取る可能性も、50点を取る可能性も、100点を取る可能性もあります。
しかし、Aさんが100点をとろうと思わなかったら、100点を取る確率は低くなります。
逆に「100点を取ろう!」と強く思えば、100点を取れる確率は高まります。

このように、人には思ったことを現実に引き寄せる力があります。

「私は不幸だ」と常に思っている人の日常には、なぜか不幸なことばかりが起こります。
いつも怒っている人には、なぜか怒らせられるようなことばかり起こります。
彼らは、四六時中、自分がいかに不幸か、自分の周りにはいかにバカが多いかについて思考しています。
そして、実際にそのような人生を歩んでいます。

不幸なことがあるから「自分は不幸だ」と思ってしまうのではありません。
「自分は不幸だ」と思っているから、実際に不幸なことを引き寄せてしまうのです。

この世界は完全なる物理法則の上になりたっています。
火のないところに煙はたちません。
何か嫌なことが起こったら、それは100%本人に原因があります。

逆にそうでなかったら、
「いつ悪いことが起こるかわからない」
「幸不幸は自分ではコントロールできない」
という、恐ろしく不安定な世界に生きることになってしまいます。

でも“すべての出来事は自分が引き寄せている”世界に住んでいれば、これから起こる出来事を自分でコントロールできるようになります。
自分の心がけ次第で、望みどおりの人生がおくれるのです。

引き寄せの法則がある世界とない世界、
皆さんはどちらの世界に住みたいですか?


※サイコロの実験について、
「思考の力で出る目を決められるなら、バクチでいくらでも儲けられるんじゃないの?」
と疑問に思う方もいると思います。
しかしこの世には“引き寄せの法則”よりも強い法則があります。
それは“因果応報”です。
因果応報とは、「人に与えた快感や不快感が自分に返ってくる」という法則です。

つまり、他人に対してロクに良いことをしていない人が、バクチで良い思いなどできるはずがないということです。
この世は“快・不快のエネルギーのやり取り”で成り立っています。
他人に“快”を与えないと、自分も“快”を得られないのです。

大して良いことをしていないのにバクチ運が強い人は、前世や先祖が善行を積んでいるパターンです。
しかしこういう人は一定額を儲けると、その後はあまりパッとしなくなります(快エネルギー切れ)
このあたりのしくみは後ほど詳述させていただきます。


◎おすすめ図書
 「量子論」を楽しむ本
こちらの本は、物理学が全くわからない方でもゼロから量子論を理解できるような内容になっています。
上に書いたような不思議な物理現象を、とても分かりやすく解説してくれています。
価格もお手頃なので、超お薦めの一冊です。

幸運を呼びこむサイエンス
引き寄せの法則について、科学的なアプローチで書かれた本です。
物理や科学の知識がなくても読めるようになっています。
引き寄せの法則を物理学的に理解できるので、より確信を持って実行できるようになります。

◎引き寄せの法則 おすすめ本
引き寄せの法則 マイケル・J・ロオジエ
宇宙に上手にお願いする法
ザ・シークレット
引き寄せの法則 エイブラハムとの対話




● 引き寄せの法則(波動の法則)の原理

引き寄せの法則についてはLesson1で簡単に書かせて頂きました。
ではなぜこのような現象が起こるのでしょうか?
ここではその原理について書かせていただこうと思います。

A:万有引力の法則
モノが地面に落ちるのは、モノと地球がお互いに引き合っているからですよね。
机の上にモノを置いても引き合わないのは摩擦があるからです。
しかし真空の中でなら2つのモノはゆっくりと近寄っていきます。
このように、すべての物質には互いに引き寄せ合う力がありますが、これを“万有引力の法則”といいます。

ここまでの記事で、
「思考は波動である」
「物質は波動である」
ということを書かせていただきました。
これらを合わせると「思考と物質は同じもの(波動)である」といえます。
つまり万有引力は“物質”だけではなく“思考”にも働いているということになります。
つまり思考にも、物質を引き寄せる力があるのです。

B:波動の干渉
この世界の物質はすべて“波動”を放っていますが、波動には“干渉”という性質があります。
干渉とは“似たような周波数”の波が重なるとき、お互いに影響しあうという現象です。

つまり、自分がネガティブな波動を出していると、同じようにネガティブな波動を出している人と干渉し合ってしまうということです。
               蟷イ貂雲convert_20120219112038

だから機嫌のいい時には何とも思わないようなことが、機嫌の悪いときには何故か気になって、余計に機嫌が悪くなったりします。
また、“Aさんには何とも思わないのに、Bさんには何故か無性に腹が立つ”というような現象も、Bさんの波動と自分の波動が、ちょうど同じような周波数で干渉しあっているからです。


C:波動の反射
波動にはもうひとつ、“反射”という性質があります。
反射とは、波動が何かにぶつかると、跳ね返って元の場所に戻ってくるというる現象です。
思考も言葉も波動ですから、当然それはそのまま自分に跳ね返ってきてしまいます。
             反射2

             反射

D:類は友を呼ぶ
この世界には“性質の似たものが引き合う”という法則があります。
 
例えば、動物は同種で群れをなして行動する傾向があります。
野原の植物も、同種のもの固まって群生しています。
人間も、不良は不良で集まりますし、オタクはオタクで集まります。

「私はなぜかダメ男ばかりを選んでしまう」という女性は、その女性自身が「ダメ女」だということです(表面的には立派に見えても)
「俺はの周りには嫌なやつばかり寄ってくる」という場合は、その人自身が「嫌なやつ」だということです。

この世には死んでからも未練タラタラでその辺をさまよっている浮遊霊がいます。
浮遊霊は、100%例外なくネガティブな人間です。
「さあ、これから前向きにがんばるぞ!」
「過去のことは一切忘れて、新たな未来に向けて出発だ!」
というような浮遊霊はいません。
だから私たちがネガティブな波動を出していると、その波動に惹かれた浮遊霊を引き寄せてしまいます。
そして色々と悪い出来事が起こるようになってしまうのです。


◎おすすめ図書
引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
 私は以前よく、何をどうやっても不幸になってしまうような“八方塞がり”の状況に行き当たっていました。
Aさんを立てればBさんに嫌われ、Bさんを立てればAさんに嫌われ……というような状況です。、
そのたびに「この世は修行っていうくらいだから、苦しみや不幸からは絶対に逃れられないのか…」
と、暗い気持ちになっていました。
しかしこの本読んで、
「事前に悪いこと考えていなければ、そもそもそういう(八方塞がりのような)シチュエーションにはならない」
ということが分かってからは、以前のように“右を向いても左を向いても不幸”な状況に追い込まれることがなくなりました。
 
「引き寄せの法則」マイケル・J・ロオジエ
引き寄せの法則について、実践的な方法が書かれた本です。
引き寄せの法則について頭ではわかっていても、なかなか実際に行うのは難しいと思います。
ですが、この本には具体的なテクニックやコツ明快に書かれているので、日常生活で即実践できるようになると思います。
 私は母の誕生日にこの本をプレゼントしました(^^)



● 自分の波動に気をつける

 人は常に“波動”を放っています。
それは人が量子からできてる以上、当然のことですね。
 
 自然界の波動には色々な種類がありますが(音波、電磁波、重力波、地震波、津波……)
 人間が出す波動は大別して2つに分けられます。
 “ポジティブな波動”と“ネガティブな波動”です。

◎ポジティブな波動
 ・喜びの波動
 ・感謝の波動
 ・楽しい波動
 ・慈悲の波動
 ・安らぎの波動
 ・勇気の波動
 ・感動の波動………

◎ネガティブな波動
 ・怒りの波動
 ・冷酷な波動
 ・不満の波動
 ・恐れ(不安)の波動
 ・悲しみの波動
 ・嫉妬の波動
 ・優越感の波動
 ・攻撃の波動
 ・後悔の波動
 ・迷いの波動
 ・ケチの波動
 ・自己嫌悪の波動
 ・寂しさ(依存)の波動
 ・残虐な波動
 ・なんとなく憂鬱な波動
 

波動は“気分”と言い換えることもできます。
「何となく不快な気分」というときは、実際に不快な波動を出しています。

ネガティブな気分(波動)になると、アドレナリンが分泌されて自律神経がうまく働かなくなり、その結果、免疫機能が低下して、病気に罹りやすくなります。

私自身、ガティブだったころは、しょっちゅう頭痛がしたり、風邪を引いたりしていました。
しかしポジティブ人間になってからは頭痛がピタリと止まり、風邪もほとんど引かなくなっています(引いても半日で治ります)

人が息を吹き込んだ一升瓶にハエを入れておくと、だいたい40分くらいで窒息死するそうです。
しかし息を吹き込む人が激怒した状態だと、ハエは3分ぐらい死んでしまいます。
それは、怒りの波動の出す毒に殺られてしまうからです。
(参考文献 宇宙を貫く幸せの法則

“引き寄せの法則”は波動にも当てはまります。
不安な気分(波動)でいれば不安な出来事を、憂鬱な気分(波動)を出していれば不満な出来事を引き寄せます。
明確に何かを思考しなくても、そのような気分になっているだけで、そのような出来事を引き寄せてしまうのです。

ポジティブな気分とネガティブな気分は両立できません。
かならずどちらかの気分の方が優っているはずです。
そして、人は気を抜けば、より楽な(次元の低い)ネガティブな波動に流れていってしまいます。

ネガティブな気分(波動)は自分の体を害するだけでなく、周囲の環境にも多大な悪影響を及ぼしています。
そのような波動を出さないように極力気をつけましょう。


みんなの悩みや不安をなくすために、一日2クリックしていただけるとと嬉しいです。
ランキング上位になれば、より多くの人に記事を読んでもらうことができます。
・人気ブログランキング
・FC2ブログランキング
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

モモエ

Author:モモエ
職業:デザイナー

みんなの心が楽になるようなブログを目指してます♪
リンク・転用転載フリーです!

強調したい内容が、ブログ内で繰り返し登場しますが、同じことを違う角度から説明することで、より理解が深まれば良いなと思っています。

ご質問はブログの記事をすべて読まれてからでお願いします。メールフォームは記事内にあります。

当ブログは個人運営であり、いかなる宗教や団体とも関係はありません。

携帯からはタイトル検索ではなく、URL検索をすると引っかかりやすいです。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。