FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その場で脳に言い聞かせる

2012.12.14.20:57

性格を早く変えるにはコツがあります。
それは、何かに失敗したとき、“その場で脳に言い聞かせる”という方法です。

例えば、以前の私は“とっさの一言”が苦手でした。
人ごみで誰かとぶつかったときなど、とっさの「すみません」のが出ないのです。

大人になってからも、なかなか“とっさの一言”が言えなかったのですが、
“その場で脳に言い聞かせる”
という秘技を編み出してからは、わりと短期間で言えるようになってしまいました。

例えば、人とぶつかってそのまま通り過ぎてしまったとき、その場で、
「次はスミマセンと言うぞ!」と強く自分に言い聞かせます。
そして、次にまた人とぶつかったときも、おそらく「すみません」は出てきませんので、またその場で「次はスミマセンと言うぞ!」と強く脳に言い聞かせます。
その後も何度か同じ失敗を繰り返しますが;、それでも諦めずに、
「次はスミマセンと言うぞ!」
と思い続けているうちに、段々と「すみません」が出てくるようになってしまいます。

すると今度は「ちょっと声が小さかったな」「相手の方を見てなかったな」など、新たな問題点が見つかりますので、また同じように、
「今度はもっと大きな声で言うぞ!」
「今度はしっかり相手のほうを見て言うぞ!」
と、その場で脳に言い聞かせます。

私は基本的にこの方法で、毎日のように性格を改善していっています。

ポイントは、“ハッキリ言葉にすること”です。
声に出さなくてもかまいません。
頭の中で言葉にすればOKです。
ただし、しっかり“言葉”にすることが大事です。
ただ、悪かったな~という“気持ち”になっただけでは、いつまでたっても行動は変わりません。
ハッキリ“言語化”することで、脳の情報が書き換えられ、性格(行動)が変わっていくのです。


また、“否定的な言葉を使わない”ことも重要です。

例えば、人が怖くて、つい無視をしてしまうような性格の場合、
「無視しないぞ!」という言葉はNGです。
それよりも、「こちらから挨拶するぞ!」という言葉がお勧めです。

前者の言葉には“無視”と“ない”という否定的な単語が含まれています。
試してみるとわかりますが、否定的な言葉には、あまり“実行力”がありません。
つまり「無視しないぞ!」と言い続けても、なかなか挨拶できるようにはならないのです。

☆参考例
「モノを粗末にするな!」よりも
「モノを大切にする!」

「心配するな!」よりも
どうせ最後はハッピーエンド
 ※“どうせ”は否定的な単語ですが、この場合、“ハッピーエンド”を強める働きをしています

「気にしない」よりも
「大丈夫、大丈夫!」

……などなど、日頃の自分の心の言葉を置き換えていってみてください。


☆体験例

・私は以前、仕事が終わって帰るとき、先に帰るが後ろめたくて、つい無表情で逃げるように帰っていました。
しかし他の人がそれをやっているのを見て、“なんか感じ悪いな~”と思いました。
そこで、
「私は帰るときも元気に笑顔で挨拶して帰るぞ!」
と自分に言い聞かせ続けました。
そして今では、明るい挨拶+笑顔で帰れるようになっています(もちろん、時と場合によって空気を読むことは大事ですが^^;)

・以前の私は、人の話をさえぎって自分の話を始めてしまうクセがあったのですが、
「次は人の話を最後まで聞くぞ!」
と言い聞かせ続けた結果、今では言葉通りの行動が取れるようになっています。
ちなみに「人の話を遮るな!」という言葉はNGです。


みんなの悩みや不安をなくすために、一日2クリックしていただけるとと嬉しいです。
ランキング上位になれば、より多くの人に記事を読んでもらうことができます。
・人気ブログランキング
・FC2ブログランキング
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

モモエ

Author:モモエ
職業:デザイナー

みんなの心が楽になるようなブログを目指してます♪
リンク・転用転載フリーです!

強調したい内容が、ブログ内で繰り返し登場しますが、同じことを違う角度から説明することで、より理解が深まれば良いなと思っています。

ご質問はブログの記事をすべて読まれてからでお願いします。メールフォームは記事内にあります。

当ブログは個人運営であり、いかなる宗教や団体とも関係はありません。

携帯からはタイトル検索ではなく、URL検索をすると引っかかりやすいです。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。