FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでも怒らない

2012.12.01.23:14

許す必要はないで、“怒り”がいかにマトハズレで横暴であるかについて書かせていただきました。
とはいえ、イジメ、殺人、侵略問題など、世の中には悪質な犯罪が溢れています。
このようなニュースを見ると、私も思わず怒りを覚えてしまいます。
「こんなケースに対しても怒ってはいけないのか!? 時には怒ることも必要なのではないか!?」と思われる方がいらっしゃるのは当然だと思います。

もちろん反射的に怒りを感じるのはOKです(→反射はOK
しかしその後も延々と怒りっぱなしは問題だと思います。
なぜなら波動の法則により、怒ればまた怒らなくてはならないような出来事を引き寄せてしまうからです。
結局のところ、上のような犯罪も、カルマと波動が返ってきた結果にすぎないのです。

犯罪者は、激しく怒られることによって恐怖を感じ、とりあえずは犯罪行為をストップします。
しかし心の底から反省しているわけではありません。
むしろ“こっちにはこっちの事情があるんだ! 何もわかってねーくせに!”と、逆恨みして、また犯罪、攻撃を繰り返すようになるはずです。
このようなパターンを、“戦争”という形で、人類は延々と繰り返してきました。

かといって、犯罪行為に対して無抵抗でニコニコしているわけにはいきません。
きちんとしかるべき対処をすべきです。
そうしないと“悪を野放しにした”という悪いカルマを作ってしまうことになります。

ただ、“しかるべき対処”をするときに、わざわざ“怒る”必要はありません。
表面上、怒っているように見せること必要があっても、心まで“怒る”ことはないのです。
心は怒らないまま、現実的には犯罪に対して断固たる態度を取るということです。

時には声を荒げたり、暴力に訴える必要もあるでしょう。
しかし心の中は、“愛と勇気”で溢れています。

「あの人は魂年齢が幼くて自分が何をしているのか分からないんだ」
「私はこの人が更生できるように、全力でサポートするぞ」
「私は何をされても貴方を愛す!」
「人類みんなの幸せのために戦うぞ!」
「憎いからじゃない。愛と正義のために戦っているんだ」
「私のカルマを取ってくださってありがとうございます」

行動では怒っているように見せても、心の中では上のような愛ある言葉で溢れているということです。
同じ行動をするにしても、思っていることが違うと、結果がまるで違ってきます。
これは不思議ですが、試してみるとわかります。

もちろん、どんな犯罪に対しても絶対に怒らないというのは不可能です。
感情的に相手を憎んでしまうこともあると思います。
しかし、人生に“絶対”や“完璧”は必要ありません。
“自分に出来る限り”で努力すればよいのです(→0か100かで考えない
私たちは悪をねじ伏せるために生まれてきたのではありません。
“愛そのもの=神”になるために、この世に生まれ、修行しているのです。

いかなる理由があろうと、怒りの波動を出せば、また怒らなくてはならないような事態を招いてしまいます。
私たちが今感じている怒りも、過去に私たちが出した怒りの波動が原因になっています。
新たな悲劇を繰り返さないためにも、怒りを“愛と勇気”に変えていくことが大切だと思います。


みんなの悩みや不安をなくすために、一日2クリックしていただけるとと嬉しいです。
ランキング上位になれば、より多くの人に記事を読んでもらうことができます。
・人気ブログランキング
・FC2ブログランキング
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

モモエ

Author:モモエ
職業:デザイナー

みんなの心が楽になるようなブログを目指してます♪
リンク・転用転載フリーです!

強調したい内容が、ブログ内で繰り返し登場しますが、同じことを違う角度から説明することで、より理解が深まれば良いなと思っています。

ご質問はブログの記事をすべて読まれてからでお願いします。メールフォームは記事内にあります。

当ブログは個人運営であり、いかなる宗教や団体とも関係はありません。

携帯からはタイトル検索ではなく、URL検索をすると引っかかりやすいです。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。