スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間ゲーム①

2012.02.09.23:59

●時短ゲーム

 私は波動や魂のしくみを知ってからというもの、“良い人間”になろうと自分なりに努力してきました。
人に親切にし、会社でも誠意を持って働いていました。
嫌なことがあっても、前向きにとらえ、常に神様に感謝していました。
 そうすることで実際、嫌なことは激減しましたし、以前に比べたら格段に幸せな生活を送ることができるようになりました。

 しかし完全に苦しみから解放されたかというと、そうではありませんでした。
相変わらず一部の上司はイジワルだし、体の調子も万全とはいえませんでした。
 また“こうなろう”と思っても、なかなか思ったとおりに行動できない自分に対し、自己嫌悪を抑えることができませんでした。
 とりあえずは“幸せ”といえる生活の中で、時おり何かの壁にぶつかっては、もがき苦しんでいました。
 『“この世は修行”と言うくらいだから、いくら努力しても、結局苦しみからは逃れることはきないのか』
と、時おり絶望的な気分になっていました。

 …さて、ここまでで私は何度か“時おり”という言葉を使いました。
確かに私は日々“良い人間”になろうと心がけ、常に感謝しながら生きていました。
每日ポジティブ思考しながら、人に思いやりを持って生きていました。
しかし、“時おり”人を憎んだり、嫉妬したりすることはありました。
“時おり”憂鬱な気分になったり、優越感にひたってみたりすることはありました。

…そこで私はふと思いました。
この世には“質量保存の法則”というものがあります。
氷が溶けて消えたように見えても、実は気体に変化しただけであり、物質がオバケのように消えてなくなるということはありえないという法則です。

私たちの思考は電気信号という“波動エネルギー”ですよね。
物理学では“エネルギー=物質”とされています。
ということは、人の思考にも“質量保存の法則”は当てはまるわけです。
だとしたら、私が“時おり”考えていた“悪い思考”は一体どこへ消えたのでしょうか?

…もちろん消えてなどいません。
きっちり“時おり”返ってきておりました。
“時おり”当たり散らす理不尽な上司、“時おり”感じる体調不良、“時おり”襲いかかる不幸な出来事……
今思えば、これらはすべて私が“時おり”出していた“悪い波動”が返ってきていただけだったのです。

物理法則は厳格です。
10秒悪い波動を出せば、10秒分の悪い出来事が返ってきます。

そうとわかったとたん、私の人生から“恐れ”の二文字がいっぺんに消えてなくなりました。
なぜなら、不幸な出来事が“完全に化学反応”であることがわかったからです。
“人生は修行だからいくら努力しても永遠に苦しみから逃れることはできない”
という非科学的な物の見方から解放され、
“悪い波動を出しているの時間を短縮すれば、そのぶん不幸な出来事は減っていく”
と論理的に考えられるようになりました。

そこで私は、この“時おり”を一切なくすことにチャレンジしてみることにしました。
もちろん人間なので、完全にゼロにはできません(ユダヤの法則)
しかし私は『悪い波動を出す時間を、限界ギリギリまで短縮してみよう!』と、ゲーム感覚で取り組んでみることにしました。

するとどうでしょうか!
目に見えて、“嫌な出来事”が激減したのです!
これには正直、私もびっくりしました。
この出来事は私にとってコペルニクス的転換でした。

まず、上司の理不尽なふるまいが95%ほどカットされました。
体の調子も俄然良くなり、以前のように“苦しむ”ことはなくなりました。
その他、遭遇するトラブル率がグンと下がり、日常生活において“恐れる”“悩む”ということが皆無になりました。

私がこのゲームを思いついたのは、本格的に天徳を積み始めたころでした。
おそらく(いや絶対に)神様が閃かせてくれたのだと思います(^^)v


みんなの悩みや不安をなくすために、一日2クリックしていただけるとと嬉しいです。
ランキング上位になれば、より多くの人に記事を読んでもらうことができます。
・人気ブログランキング
・FC2ブログランキング
スポンサーサイト

時間ゲーム②

2012.02.10.00:04

●時短ゲーム + 時長ゲーム

しかし、私はまだ少し行き詰まりを感じていました。

悪い波動が出そうになる

良い言葉を使って、悪い波動を瞬殺する

…ということを繰り返していたのですが、悪い波動というものは、ボーッとしていると知らないうちに私の意識を占領してしまい、いつの間にか変なことを考えてしまっているのです。
ある一定の所まではできるのですが、そこから先の時間がどうしても短縮できないのです。

そこで私は“時短ゲーム”に加えて、“時長ゲーム”にもチャレンジすることにしました。

時長ゲームとは“良い波動を出す時間をできるだけ長くする”というゲームです。

“真空状態を作らない”でも書かせていただきましたが、自然は真空状態を嫌います。
ボーッとして頭をスッカラカンにしていると、止めどもなく低次元の思考が入り込んできます。

しかし時長ゲームをやりはじめてからは、常に良い波動を出すことを意識しているので“いつの間にか悪いことを考えていた”という状態をかなり短縮することができるようになりました。

時長ゲームには以下の2つの利点があります。
①悪い波動を消すことができる
②徳が積める


時長ゲームは、悪い波動を消去しながら同時に徳もつめるという、まさに一石二鳥のゲームなのです。


時長ゲームをやり始めてからは、周囲の環境が天と地ほど変わってしまいました。
(どう変わったかは“天徳をつむコツ”に書かせて頂きました)

毎日の生活が、
“なんでもない穏やかな一日”から
“ワクワクする楽しい一日”にグレードアップし、
今では朝起きると
“仕事に行くのが楽しみ!”
という、ありえない精神状態になっています。

「そんな、一日中神経を張り詰めているなんて疲れるゲーム、私には無理」
と思われるかもしれませんが、そんなに大げさに考えないでください。
しょせんゲームです(^^)
疲れたら休憩してください。
無理をすると波動が悪くなります。
(でも今の私は悪い思考をダダ漏れにしている方が、よほど疲れます)


みんなの悩みや不安をなくすために、一日2クリックしていただけるとと嬉しいです。
ランキング上位になれば、より多くの人に記事を読んでもらうことができます。
・人気ブログランキング
・FC2ブログランキング

時間ゲーム③

2012.02.10.00:24

●時間ゲーム攻略法

◎24時間ポジティブ思考

よく、「ずっとポジティブ思考し続けるなんて無理」「嫌なことがあったときや忙しい時はポジティブ思考できない」という方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。
なにも「ついてる、うれしい、楽しい」といった単語や、人の幸せを願うばかりがポジティブではありません。
ぶっちゃけ、自分の波動を良く出来る言葉なら、なんでもポジティブ思考になりますいいのです。

例えば私の場合…

朝、目が覚めたら
「目が見えて良かった!神様ありがとうございます!」

つい夜更かしをして、朝起きた時ダルくても
「私はショートスリーパーだ!(だから大丈夫だ!)」

朝の神様へのお祈りで、
「今日も働きに行かせていただけるだけの健康をいただきましてありがとうございます。
 会社とお客さん、両方に喜んでもらえるように、バランスのとれた仕事をしていきたいと思います。
 人を出し抜こうとせず、美しい心で仕事をしていきます」

朝、会社までの道のりを歩きながら、歩行のリズムにのって
「私たちは、幸せです。私たちは、感謝します……」(私の場合、歩くときはこの言葉が落ち着くようです)
「(太陽を感じながら)天照大御神様、いつも私たちを明るくてらしてくださって、皆の骨を丈夫にしてくださってありがとうございます!」
「北斗七星様、いつも私たちを幸せの方向にお導きいただきましてありがとうございます!」
「地球様、私たちに素晴らしい大地の恵みを賜りましてありがとうございます!」
「お月様、いつも夜道を美しく照らしてくださってありがとうございます!」

通行人の人に
「今日も元気に働きに出てくださいましてありがとうございます!」
「今日も世界を楽しく活気付けてくださってありがとうございます!」


会社が近づいてきたら、
「○○さん(会社の名前)、このような素晴らしい会社に私をやとっていただきましてありがとうございます!私はこの会社で働くことができまして本当に光栄です!昨日よりもよりよい仕事ができますように、誠心誠意勤めさせて頂きます!」

会社に着いて、同僚に笑顔で元気に挨拶したら
「いつも親切にしてくださってありがとうございます!感謝しています!」

山のように積まれた書類を目にして
「(こんな不況なのに)こんなにもたくさん仕事をいただきましてありがとうございます!」

超急ぎの仕事を何時間もぶっとうしでこなしながら
「超楽しい!」
「だんだんノッてきた~!」
「走れ!走れ!」
「私の気力は無限!」
「全然イケる!」

責任ある重大な仕事をやりながら
「勇気、勇気、勇気…」
「困ったことは起こらない(この世界は私が創ったのだから)」

失敗してしまったら
「大丈夫、大丈夫、大丈夫……」
「ユダヤの法則だな。全く問題ない」
「どうせ最後はハッピーエンドでしょ」
「ラッキー!またこれで成長できる!」
「失敗したのに、寛容に接していただきまして、皆さんありがとうございます」(私の会社の人たちは、みな超やさしくて寛容なのです)

ごはんをたべながら
「豊受大神様(食物・穀物を司る女神の名前)、今日もおいしいごはんを与えていただきまして本当にありがとうございます」
「うまずぎる!」
「あ~、しあわせだな~」

午後の仕事始めは
「ご飯を食べて元気いっぱいだ!」
「さあやるぞー!」

仕事にだれてきたら
「誠意、誠意、誠意…」
「(雇ってくれた)社長の恩義に報いるんだ!」←社長の立場にシンクロしながら
「あとこれだけやったらおやつを食べよう♪」
「あ~豊かな国で働けて幸せだな~」

人から嫌な思いをさせられたら
「私があの時、人に嫌な思いをさせたから、それがカルマの法則で返ってきただけだ。相手に怒るなんてお門違いだぞ」
「私のカルマを取ってくださってありがとうございます」
「ギブギブの精神で親切に接していくぞ!」

人に嫌な思いをさせてしまったら
「ユダヤの法則、ユダヤの法則…(人は失敗するものだ)」
「チャーンス!これをきっかけに、あの人に3倍くらい親切にするぞ!」

誰かのことを悪く思っているのに気がついたら
「○○さん、尊敬しています!」
「○○さん、感謝しています!」
「美しい心、美しい心……」
「謙虚な心、謙虚な心……」

仕事帰りの道すがら
「今日も素晴らしい仕事をさせていただきまして神様方ありがとうございました!
 ○○の件では、素晴らしいアイデアを与えていただきましてありがとうございました!
 ○○の件では、スンデのところでミスを見つけていただきましてありがとうございました!」

…という感じで、のべつ幕なしポジティブ思考をしております。
ネガティブな出来事が起こったら、それを利用してポジティブ思考をします。
転んだらまんじゅうを握りしめて立ち上がるの精神です。


◎反射はしょうがない
 何か嫌なことがあったとき、誰でも反射的に波動が悪くなってしまうと思います。
(例えば誰かにいきなり暴言を吐かれたら、反射的に嫌な気分になりますよね)
あらゆる生物は、脳に“反射”という機能を備えています。
悪いことに対して反射的に悪い波動を出してしまうのは生物の本能なので、これを完全になくしてしまうのは不可能です。

ですが、限りなくゼロに近づけることは可能です。

神と人間の違いは、この“悪い反射”の時間が長いか短いかの違いだけです。

生物である以上、反射時間をゼロにはできませんが、これを限りなくゼロに近づけていこうと努力することが、すなわち“時短ゲーム”です。

だから、悪い波動を出してしまった自分を絶対に責めないでください。
本能を責めるのは非科学的です。
猫に“爪とぎするな!”と責めているようなものです。
しかも自分を責めるという行為自体が、とてつもなく悪い波動を出しています。
そんなことをする暇があったら、せっせと良い言葉を思って時長記録を伸ばしましょう!

◎ピンチをチャンスに
マイナス思考をしてしまったときは、“徳を積む絶好のチャンス!”です。
私は悪いことを考えてしまったら、それをキッカケにして三倍くらい良い言葉を発することを習慣にしています。
だから結果的には、マイナス思考すればするほど、私の運勢は良くなっていきます(もちろん、積極的にマイナス思考するわけではありませんよ!)

マイナス思考はプラス思考するため起爆剤にすぎません。
“悪”は“善”を引き立てるために存在しているのです。

だから悪いことを考えてしまったときは、「ラッキー♪ これをきっかけにして徳を積もう!」と喜びましょう。


◎とりあえず「ありがとうございます」
私が悪い波動を抑えるときに一番重宝するのが“ありがとうございます”という言葉です。
何か突発的に悪いことが怒った時、私は反射的に“ありがとうございます、ありがとうございます…”と唱えるようにしています。
それでとりあえずは、悪い波動を抑えることができます。
その後、落ち着いて悪い波動が起こってしまった原因を分析します。


◎自分を責めるのは神様に失礼
仕事や勉強など、私たちが何かに取り組んでいるとき、間違いなく後ろでは神様(守護霊や指導霊)がサポートしてくれています。
それなのに「こんなんじゃ全然ダメだ!」「こんな出来じゃ私は納得しない!」などと、自分のやったことを否定するのは手伝ってくれた神様たちに失礼です。
全てのことを神様が手伝っているわけではないので、結果が悲惨になることはあると思います。
それでも神様がサポートしてくれているのは間違いのないことですから、どんなに結果が悪くても、まずは神様にとにお礼をいいましょう。
そしてその後も、感情的に自分を責めるのではなく、ただ論理的に「ここがダメだったから次はこうしよう」と思うだけにしてください。
そうでないと波動の公害人間になってしまい、次もまた悪い結果を引き寄せてしまいます。

◎感謝のターゲットをコロコロ変える
良い波動をキープするのに、最も有効なのが“感謝”ですが、ただ目標もなく感謝するのでは退屈で飽きてしまいます。
なので感謝のターゲットを設定しましょう。
さらにそのターゲットを次々と変えていけば、飽きずに感謝できます。
  
ターゲットリスト
・神様、守護霊、指導霊、
・太陽、月、地球
・家族、友人、会社関係、、通行人
・政治家、作家、アーティスト
・自分の体の各部位
  ・食物、飲み物(食物に「ありがとう」と言葉をかけてから食べるとすごく健康にいいです)
・植物、動物
・自分の手に触れたモノ
  (料理するとき、お風呂に入る時、階段を登るとき……私は体に触れたものに対して出来るだけ「ありがとうございます」と言うようにしています)

感謝する理由も添えると、より波動が高まります。

例)「(太陽に向かって)今日も皆を明るく暖かく照らしてくださってありがとうございます」
「(悪意を感じる人に)私の悪いところを気づかせていただいてありがとうございます」
  「(前世・先祖に向かって)皆さんが積んでくださった徳のお陰で今の私があります。本当に感謝いたします」


◎嫌な気分をすぐに消すコツ
嫌な気分になってしまったら、反射的に良い言葉を使ってを打ち消します。
一回ではなかなか打ち消せないので、消えるまで良い言葉を唱え続けるのが大事です(頭の中でもいいですよ)

しかし“悪いことが起きてしまった理由”をちゃんと理解していないと、効果的な言葉が見つからないと思います。
この世に起こることに偶然はありません。
必ず原因がありあます。
嫌な思いをしたということは、必ずその元になる原因を自分が作っているはずです。
そしてその原因は神様の立場にたって考えれば、直感的にひらめくようになっています。

例えば、誰かに嫌なことを言われて落ち込んだとき、「なぜ神は私をこのような目に合わせるのだろう」と自分に問いかけてみてください。
「そういえば、私も人に嫌なことを言ってしまったことがある」
「それが因果応報で返ってきたんだ」
などなど、パッとひらめく答えがあると思います。
苦しみの原因が自分にあるとわかった時点でこの課題はクリアなので、だいぶ心が楽になるはずです。

あとは、
「もっと優しい人間になろう」
「もっと人に対して思いやりを持とう」
とか、ポジティブな言葉を言っていれば、直に気分が回復していきます。


◎失敗したとき落ち込まないコツ
人は誰でも失敗します。
ユダヤの法則で、これはどんな聖人でも避けられません。
親も先生も総理大臣ですら、毎日同じような失敗を繰り返しています。
なのに、何か失敗するたびに自己嫌悪して落ち込むのはかなり不自然な行為です。
人は同じ失敗を千回でも二千回でも繰り返します。
でもそのつど“次は気をつけるぞ!”と思って、失敗の原因を分析して、できることだけやっていれば、それでいいのです。
いつまでもあーだこーだ考えるのは、波動の公害人間です。
落ち込むことは周囲の波動を濁す迷惑行為以外のなにものでもありません。
そのことに気がつけば、嫌でも落ち込むことができなくなります。
人は自分のためには頑張れなくても、人に迷惑をかけないためなら頑張れます。


◎他人の幸せを願う
 “感謝すること”は、修行で言えば“初級”です。
 では中級は何なにかというと、それは“人の幸せを願うこと”です。
 家族、友人、道ですれ違った人、店員さん、業者さん、その他目に留まった人たちの幸せを積極的に願っていきましょう。
 人それぞれ、気持の込めやすいセリフがあると思いますので、自分なりに考えてみてください。
 

◎自分の心にエネルギーチャージする
 人に感謝したり幸せを願ったりしているばかりでは、疲れてしまいます。
 そんなときは“自分の心にエネルギーをチャージ”することが大切です。
 そのためには、好きなテレビを見たり、美味しい物を食べたりするという方法もありますが、最も効果的なのは、やはり“言葉の力を使う”ことです。
 「幸せ・勇気・楽しい・嬉しい・ツイてる・ワクワク・ありがとう……」
 上記のような“チャージ言葉”を使うことで、効率的にエネルギーを補給することができます。
 
◎波動の良いCDを聴く 
 気分が落ち込みすぎて、自の力ではどうしても立ち直れないこともあると思います。
 そんなときは、波動の良いCDを流しっぱなしにするのがお勧めです。
 CDから流れる音を聴くだけなら、寝ながらでもできます。
 波動の良いCDを聴いていると、それだけで自然に魂が癒されていきます。

 そのようなCDは、ヒーリング音楽や歌など色々あると思いますが、私が一番おすすめなのは、斎藤一人さんの講演CDです。
 このCDを聴きながら落ち込みっぱなしでいることは、なかなか難しいと思います。
 私は特に落ち込んでいない時でも、良い波動をキープするため、一人さんのCDを流しっぱなしにしています。
 移動時はポータブルオーディオに入れて聞いたりしています。

☆一人さんのCDつき書籍リスト
ツイてる!
15分間ハッピーラッキー―人生の成功者になる「ものすごくカンタンな道」
億万長者論
天才の謎
変な人の書いたツイてる話
変な人の書いたツイてる話〈PART2〉
変な人が書いた心が千分の一だけ軽くなる話
絶好調
地球が天国になる話
500年たってもいい話
千年たってもいい話
二千年たってもいい話―夢の持ちかた夢の叶えかた奇跡の起こしかた魅力のつけかた (East Press Business)
笑って歩こう 無敵の人生
眼力
愛は勝つ
普通はつらいよ
黄金の鎖
幸福力
15歳からの成功哲学
斎藤一人この不況で損する人この不況で得する人
運命は変えられる
斎藤一人大宇宙エネルギー療法
斎藤一人 大宇宙エネルギー療法 感動物語
幸福力(しあわせりょく)
すべてがうまくいく 上気元の魔法



 他にもデール・カーネギーの「人を動かす オーディオCD版」「道は開ける オーディオCD版」などがお勧めです。


◎自分の体にお礼を言う
 私たちの細胞は一つ一つが固有の波動を持っており、意思も持っています。
 だから「ありがとう」とお礼を言ってあげると、細胞が喜んで良い波動を出すので、病気にかかりにくくなります。
 例えば、目が見えにくくなったとき、間違っても「目が悪い」などと言ってはいけません。
 そうすると目の細胞が「そうだ、オレは悪いんだ」と悪い波動を出すようになり、ますます視力が悪化してしまいます。
 でもそこで「これだけ酷使しているのに、まだこんなに見える! 頑張ってくれてありがとう」と言うと、目の細胞が喜んで良い波動を出すので、視力低下を抑えられたり、時には回復してしまうことすらあります。

参考図書 「神道」のこころ
 著者の春日大社神主さんは、元形成外科医という異色の経歴を持った方です。
患者さんの意識が変わっただけで難病が治癒してしまった実例を、たくさんご紹介してくださっています。

◎モノに感謝する
 周りに人がいない時でも、常にモノは身近にあります。
 モノにも波動(意思)があります。
 モノに感謝の言葉をかけると、モノから良い波動が反射されてきます。
 私は目に触れたもの、手にとったものに逐一「ありがとう」と念じる癖をつけることで、常に良い波動を保つことができています。

 
みんなの悩みや不安をなくすために、一日2クリックしていただけるとと嬉しいです。
ランキング上位になれば、より多くの人に記事を読んでもらうことができます。
・人気ブログランキング
・FC2ブログランキング
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

モモエ

Author:モモエ
職業:デザイナー

みんなの心が楽になるようなブログを目指してます♪
リンク・転用転載フリーです!

強調したい内容が、ブログ内で繰り返し登場しますが、同じことを違う角度から説明することで、より理解が深まれば良いなと思っています。

ご質問はブログの記事をすべて読まれてからでお願いします。メールフォームは記事内にあります。

当ブログは個人運営であり、いかなる宗教や団体とも関係はありません。

携帯からはタイトル検索ではなく、URL検索をすると引っかかりやすいです。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。